購読中です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープンソースこねこね

Webプログラミングなどについてあれこれ。

MacでSSHログインと同時にターミナルの色を変える

いっぱいターミナルを開いていると間違って本番サーバで開発サーバ用のコマンドを実行しそうになってヒヤリとすることがあります。 そんなわけでSSH接続時、接続先ごとに自動的にターミナルの背景を変えるようにしてみました。以下のスクショのようになります。

f:id:kohkimakimoto:20150401165041g:plain

解説

背景色の選択はAppleScriptでやります。以下のような関数を~/.zshrcに書いておく

# ~/.zshrc
function terminal-color () {
  /usr/bin/osascript -e "tell application \"Terminal\" to set current settings of first window to settings set \"$1\""
}

これで、terminal-color 'Red Sands'のようにターミナルのテーマを指定して実行すると、背景色が変わります。 ついでに、踏み台サーバを経由するような場合も自動でそこまでたどり着けるように、コマンドを自動で連続してターミナルに流し込めるようにするAppleScriptも書いた。

# ~/terminal-exec.scpt
on run argv
  tell application "Terminal" to activate
  tell application "System Events" to tell process "Terminal" to keystroke "t" using command down

  tell application "Terminal"

    repeat with x in argv
      do script x in front window
    end repeat

  end tell

end run

これをコマンドで呼び出せるようにシェル関数でラップする。

function terminal-exec() {
  /usr/bin/osascript ~/terminal-exec.scpt $@
}

ここまでで

terminal-exec "terminal-color 'Pro remote'" "ssh kohkimakimoto@192.168.56.1"

のようにコマンドを実行すれば、背景色を変えてSSH接続できるようになります。踏み台サーバがあるときはSSHコマンドを並べて書くだけでいいです。

terminal-exec "terminal-color 'Pro remote'" "ssh kohkimakimoto@192.168.56.1" "ssh kohkimakimoto@192.168.56.2"

さて、この長ったらしいコマンドを毎回手打ちするわけもなく、pecoを利用したコマンドランチャーを利用します。これは以前のエントリ pecoをランチャーのようにして使う - オープンソースこねこね に書いたが当時のものから少し変わっているので、改めて以下にzshの関数を以下に貼り付けておきます。

# ~/.zshrc
function peco-snippets() {

    local line
    local snippet
    local cwd
    local snippet_file
    local local_snippet_file
    local direct_run

    # Get a snippets file in the current directory if it exists.
    cwd=`pwd`
    if [ -e "$cwd/.snippets" ]; then
      local_snippet_file="$cwd/.snippets"
    else
      local_snippet_file=""
    fi

    # Do not load home snippets as a local snippets
    if [ $HOME = $cwd ]; then
       local_snippet_file=""
    fi

    direct_run=0
    if [ $# -ge 1 ]; then
      # Load sub snippets file and selected line will be run directly.
      direct_run=1
      snippet_file=$1
      local_snippet_file=""
    else
      snippet_file=$ZSH_EXT_ROOT/snippets
    fi;

    if [ ! -e "$snippet_file" ]; then
        echo "$snippet_file is not found." >&2
        return 1
    fi

    line=$(cat $local_snippet_file $snippet_file | grep -v "^\s*#" | grep -v '^\s*$' | peco --query "$LBUFFER")
    if [ -z "$line" ]; then
        return 1
    fi

    snippet=$(echo "$line" | sed "s/^[ |\*]*\[[^]]*\] *//g")
    if [ -z "$snippet" ]; then
        return 1
    fi

    if [ $direct_run -eq 1 ]; then
      eval $snippet
    else
      BUFFER="$snippet"
      zle clear-screen
    fi
}
zle -N peco-snippets
bindkey '^x^x' peco-snippets

pecoがインストールされていない環境はインストールしておきます。

peco/peco · GitHub

そして、以下のようなコマンドを列挙したスニペットファイルを用意します。

# ~/.snippets
[ssh connect: hakoniwa-local1] terminal-exec "terminal-color 'Pro remote'" "ssh kohkimakimoto@192.168.56.20 -p 22"
[ssh connect: hakoniwa-local2] terminal-exec "terminal-color 'Pro remote'" "ssh kohkimakimoto@192.168.56.21 -p 22"
[ssh connect: hakoniwa-local3] terminal-exec "terminal-color 'Pro remote'" "ssh kohkimakimoto@192.168.56.22 -p 22"
[ssh connect: hakoniwa-local4] terminal-exec "terminal-color 'Pro remote'" "ssh kohkimakimoto@192.168.56.23 -p 22"
[ssh connect: hakoniwa-local5] terminal-exec "terminal-color 'Pro remote'" "ssh kohkimakimoto@192.168.56.24 -p 22"

これでcontrol+x control+xのショートカットでスクショにあるようにssh接続先一覧が出て、そこから選べるようになります。 ちなみに本番サーバはレッド、開発サーバやローカルの仮想環境はブルーで表示されるようにしています。

Codeから遷移したUIViewControllerにstoryboard上でナビゲーションバーを表示する

storyboad上のSegueで画面遷移をつないでいった場合、UINavigationControllerに含まれるViewControllerは自動でナビゲーションバーが表示されて、そこにタイトルとかバーボタンをとかを配置することができるのだけど、コードから遷移させた場合storyboad上ではどことも繋がっていないViewControllerとして表現されてしまって、実際はUINavigationControllerの中にいてナビゲーションバーとかがあるのにそれが表示されていない、ということが起こる。

そんなViewControllerの場合以下のようにしてやればstoryboard上にナビゲーションバーを表示でき、IB上でタイトルやボタンを配置することができます。

  • storyboard上でViewControllerを選択する。
  • Attributes inspectorでSimulated Metrics設定のTop BarTranslucent Navigation Barに設定する
  • storyboard上にナビゲーションバーの領域があらわれる
  • ナビゲーションバーの領域にNavigation Itemドラッグアンドドロップして配置する

以上。

Cocoapodsにあげたライブラリをアップデートする

毎度公式ドキュメントを参照していたのでメモ。以下のコマンドを叩くだけ

pod trunk push NAME.podspec

http://guides.cocoapods.org/making/making-a-cocoapod.html

UILabelを上寄せにする

ios

よく忘れるので、メモ

  • AutoLayoutでheight以外のconstraintをつける
  • IBでPreferred Widthを0
  • IBでLinesを0、または表示させたい最大の行数

Preferred Widthが何の設定なのか調べてない。。。

UITextFieldやUITextViewでキーボードの外をタップしたらキーボードを閉じる

すでにいろいろやり方がネット上に書かれているが、自分の中では以下の方法に落ち着いたのでメモっておく。

まず、以下の記事で紹介されているようなFirstResponderを取得するメソッドをUIViewにカテゴリとして事前に実装しておく。

FirstResponderを探せ - Kazzzの日記

#import "UIView+UIUtil.h"
@implementation UIView (UIUtil)
- (UIView *)findFirstResponder
{
    if ([self isFirstResponder]) 
    {
        return self;
    }
    for (UIView *subView in [self subviews]) 
    {
        if ([subView isFirstResponder])
        {
            return subView;
        }
        if ([subView findFirstResponder])
        {
            return [subView findFirstResponder];
        }
    }
    return nil;
}
@end

あとはViewController上で以下のように実装する。

# XXHogeViewController.m

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];

    // タップを検知するためのGestureRecognizer。デリゲートで処理するように設定
    UITapGestureRecognizer *gestureRecognizer = [[UITapGestureRecognizer alloc] init];
    gestureRecognizer.delegate = self;
    gestureRecognizer.cancelsTouchesInView = NO;
    [self.view addGestureRecognizer:gestureRecognizer];
}

// タップ時のデリゲートメソッド
- (BOOL)gestureRecognizer:(UIGestureRecognizer *)gestureRecognizer shouldReceiveTouch:(UITouch *)touch {
    UIView *touchedView = touch.view;
    UIView *firstResponderView = [self.view findFirstResponder];
    
    if (touchedView != firstResponderView) {
        // 現在編集中のViewと違う場所がタップされたときのみキーボードを閉じる
        [self.view endEditing:YES];
    }
    return YES;
}

PHPでcronのように定期実行をするプログラムを書いた

PHP

kohkimakimoto/workerphp · GitHub

自分で使う分には最低限、必要な機能を実装できたので紹介します。以下のようなPHPファイルを記述してPHPコマンドラインから実行するとプロセスが起動しっぱなしになりcront_timeで指定したスケジュールでジョブを定期実行してくれます。

<?php
require_once __DIR__.'/vendor/autoload.php';

$worker = new \Kohkimakimoto\Worker\Worker();

// job for every minute.
$worker->job("hello", ['cron_time' => '* * * * *', 'command' => function(){
    echo "Hello world\n";
}]);

// job runs a shell command.
$worker->job("uptime", ['cron_time' => '10 * * * *', 'command' => "uptime"]);

$worker->start();

ジョブはクロージャPHPのコードとして書くか、シェルのコマンドを文字列で直接指定することができます。インストールはcomposer installするだけですが、その他詳しい情報はリポジトリのREADMEを参照してください。内部的にジョブはプロセスをforkして実行させているので、PHPpcntlエクステンションがインストールされている必要があります。linuxならyumとかでインストールできると思います。

cronが普通に使える環境ならまあそれを使えばいいんですが、個人の用途でherokuの無料枠dynoを使って定期実行処理をしたかったので、こんなの作りました。

Web API

cronにない拡張機能として、簡易なWeb APIを提供するHTTPサーバを組み込んでいます。

$worker->httpServer->listen();

のように書くと、8080ポートを開きます。ポートを変更したいときは

$worker->httpServer->listen(8888, 'localhost');

のようにもかけます。HTTPサーバが立ち上がったら、

$ curl -XGET http://localhost:8080/{ジョブ名}

でジョブの情報を取得

$ curl -XPOST http://localhost:8080/{ジョブ名}

でジョブを実行することができます。また$worker->httpServer->setAPIKey()を使えば、文字列一致だけで判定する簡易な認証機能をつけられます。 ちなみに、私は以下の様な設定でherokuのPHPスタック上で動かしています。

<?php
require_once __DIR__.'/vendor/autoload.php';
date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

use Kohkimakimoto\Worker\Worker;

$worker = new Worker();
// herokuはhttpのportを動的に割り当てるので環境変数から取得する
$worker->httpServer->listen(getenv('PORT'));
// apiにアクセスするときのキー
$worker->httpServer->setAPIKey('vjdioaewdg49q3tg...');
// 5分毎にメモリ使用量などをログに出力する設定
$worker->stats->on();

$worker->job("hoge", ['cron_time' => '* * * * *', 'max_processes' => 1, 'command' => function(){
    // ...
}]);

$worker->job("foo", ['cron_time' => '* * * * *', 'max_processes' => 1, 'command' => function(){
    // ...
}]);

// 30分に一回dynoをwebからアクセスしてスリープさせないようにする。
$worker->job("wakeup_dyno", ['cron_time' => '*/30 * * * *', 'max_processes' => 1, 'command' => function(){
    file_get_contents("https://my_worker_xxx.herokuapp.com/?apiKey=vjdioaewdg49q3tg...");
}]);

$worker->start();

とりあえず、1日動かしっぱなしにしてみたが問題はなさそうです。

UIPageViewControllerをUINavigationControllerにいれたらナビゲーションバー部分に潜り込まなくなった件

ios

iOS8でUIPageViewControllerトランジションスタイルをUIPageViewControllerTransitionStyleScrollにしたときのみ発生する。。。マジなんなのこれ。。。しかも一度でも画面をタップすると、潜り込む(正常な)位置に移動するという。挙動が奇妙すぎてStack Overflowでも見つからないし。iOS8のバグを疑ってしまう。ヾ(`Д´)ノ"

f:id:kohkimakimoto:20141203064908g:plain

このサンプルはXcodePage-Based Applicationが作った雛形のプロジェクトを元に、RootViewControllerをNavigationControllerにいれる、のとUIPageViewControllerの初期化処理を以下のようにUIPageViewControllerTransitionStyleScrollを指定するように変えたもの。

self.pageViewController = [[UIPageViewController alloc] initWithTransitionStyle:UIPageViewControllerTransitionStyleScroll navigationOrientation:UIPageViewControllerNavigationOrientationHorizontal options:nil];

表示されるViewのframeなどを調べてみてもx=0,y=0となっていて変なところはない。それでViewの階層を見てみたらこんな感じになっている。 なんか下にズレてる。。。

f:id:kohkimakimoto:20141203065549p:plain

_UIQueuingScrollViewというViewの位置がy=-64.0という謎な状態になっていて、その子となるViewがその分だけ下にずれている。 しかもこれviewWillAppear:などのフェーズでは確認できず、viewDidAppear:まで到達して初めてこの状態になる。

というわけで以下のようなワークアラウンドを入れた。

- (void)viewDidAppear:(BOOL)animated {
    [super viewDidAppear:animated];
    
    if (([[[UIDevice currentDevice] systemVersion] floatValue] >= 8.0)) {
        for (UIView *v in self.pageViewController.view.subviews){
            if ([v isKindOfClass:[UIScrollView class]]) {
                UIScrollView *scv = (UIScrollView *)v;
                CGPoint offset = scv.contentOffset;
                if (offset.y < 0) {
                    offset.y = 0;
                    scv.contentOffset = offset;
                }
            }
        }
    }
}

iOS8の場合、UIPageViewControllerUIScrollViewをとってきてマイナス値なら0に書き換えるということをやっています。これでなんとか対応できた。

追記

コメント欄でアドバイスをいただいて「UIPageViewControllerのAdjust Scroll View Insetsのチェックを外す」で対応できることがわかりました。