読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープンソースこねこね

Webプログラミングなどについてあれこれ。

CentOSでRPMのソースを取得する

rpmでパッケージ管理されているプログラムのソースをもってくる手順。

yum-utilsのインストール

# yum install yum-utils

RPM、ビルド周りのツールをインストール

# yum install gcc make gettext rpm-build

SRPMリポジトリ設定を追加

# cp -p /etc/yum.repos.d
# cp -p CentOS-Base.repo CentOS-Base.repo.bak
# vim CentOS-Base.repo
# 以下を追加
[base-src]
name=CentOS-$releasever - Bese -src
baseurl=http://vault.centos.org/5.6/os/SRPMS/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

[updates-src]
name=CentOS-$releasever - Updates - src
baseurl=http://vault.centos.org/5.6/updates/SRPMS/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

ソース(SRPM)のダウンロード

# yumdownloader --source httpd

デフォルトでカレントディレクトリにダウンロードされる

SRPMを展開

# rpm -ivh httpd-2.2.3-45.el5.centos.1.src.rpm

デフォルトで以下に解凍される

/usr/src/redhat/SOURCES  - ソース
/usr/src/redhat/SPECS    - specファイル

参考サイトなど

    http://win2linux.sourceforge.jp/goodapps/RPM.html

    http://wiki.centos.org/HowTos/RebuildSRPM