読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープンソースこねこね

Webプログラミングなどについてあれこれ。

Goについての雑感

golang

最近Golangコマンドラインツールを書いているので、ちょっと思うところを書いておく。

気に入っているところ

シングルバイナリをクロスプラットフォームで生成できる

とくにコマンドラインツールを作ってみると、この特性がすごく気持ちよい。シングルバイナリはインストールが楽という利点があり、特に今はgithubのリリースページにバイナリを置いたり、https://bintray.com/とかを使うことでファイルをHTTPでダウンロードすることができ、導入の敷居がすごく下がる。アンインストールもファイルを消せばいいだけなので気楽だ。

ところで自分の場合、RubyPythonなど自分がメインで使っていない言語の処理系を必要とするツールだと、まずその処理系を「正しく」インストールする方法を調べるのに気を使ったりしてしまう。もちろん本当のところは目的のツールが単に動けばいいだけなので、Macにプリインストールされている処理系を使えばいいのだけど、どうせ使うんだったら、Linuxサーバ上のものと同じ環境にしたいとか、メジャーな方法を使いたいとかでrbenvを調べたりごにょごにょ環境周りをいじって時間を浪費することが多くて、しょんぼりする。

そのへんの事情から開放してくれて他に依存が無いのですぐに使えるし、すぐに捨てられるというシングルバイナリは思いの外、快適だったりする。

静的型付けのコンパイル言語

今はIntelliJでGoを書いているので静的型な言語だとIDEの補完や定義先へのジャンプがかなり強力に作用する。ちょっと作業環境が重いと感じることもあるが、許容できる。プライベートで書いているプログラムだと、ちょっと変数の名前の付け方やディレクトリ構成が気に食わないとか、気分でコード全体をもりっと変えることがよくあって、そういうときもコンパイラのチェックがあるので、ある程度のコードの正当性を担保してくれるのがよい。

また、型推論のためコードの見た目はLLっぽいのも気に入っている。

OSSですでに周辺ライブラリがいろいろある、導入も簡単

Githubで検索すれば必要なライブラリは大抵あるし、それを使ったサンプルコードも検索すれば大体出てくる。

困っているところ

GOPATHとimport

もういろんなところで言及されているので詳細は省くが、GoはGOPATHというパスを起点にプロジェクトのコードと依存する外部パッケージのコードを同列にフラットに管理するという独特の方式を採用している。これのせいで明確に困ることがあって、

GithubのGo言語プロジェクトにPull Requestを送るときのimport問題 | SOTA

のようにforkしたプロジェクトだと問題になる。また自分の作業環境だと、依存物をプロジェクトのディレクトリ配下に収められないのでctagsでタグ生成する範囲が広がりすぎる問題がある。で、この辺は以前書いたようにdirenvGomを使ってGOPATHをプロジェクトごとに複数、切り替えて対応している。

Goの開発環境 - オープンソースこねこね

幸いIntelliJもGOPATHを複数設定し、プロジェクトごとに切り替えることができるのでその機能を使っている。 とはいえちょっとややこしくて、非標準のツールに頼っているため悩ましいところではある。

プラグイン的なものが作れない

Goは動的に他のビルド済みのGoのコードをロードすることができないので、後からプロダクトに機能追加できるようにする、いわゆるプラグイン的なものはつくれない。

考えていること

単一で完結するコマンドラインツールは今後Goで書く。

普通のWebアプリだったら依然PHPを使うと思う。